コレクション: 作楽

この作楽シリーズでは、となみ織物の五代目が中心となり行う、帯や着物のモノづくりです。仙福屋では主に帯・デザインを使って、小物作りを行っております。
そのコンセプトとしては・・・
 ①つくり手が『楽しみ』をもって、モノを『作る』こと
 ②着られる方々の『楽しみ』を『作る』こと
 ③そのような着姿を見る方の目を楽しみを『作る』こと
そんな3つの思いを大切に制作しております。

デザインのモチーフは、日本の文様はもちろんのこと、遥か離れたアフリカや北欧、よく着物の意匠とされるアジアの柄でももっとプリミティブなデザインなど。
柄の場合はそのサイズやアレンジの仕方、配色は効き色の挿し方など、大変個性的なモノが揃っております。