商品情報にスキップ
1 6
case-18

Online限定【絹の名刺入れ(ポケット2つ)】南蛮七宝文様/二重織&紹巴織/全5色

Online限定【絹の名刺入れ(ポケット2つ)】南蛮七宝文様/二重織&紹巴織/全5色

通常価格 ¥7,150
通常価格 セール価格 ¥7,150
セール 売り切れ
税込み。 配送料は無料です。配送ついてのご案内はこちら

ギフトラッピングをご希望の方はこちら 詳細を表示する

仙福屋の絹の名刺入れとは
京都西陣の織元となみ織物が制作する帯地でつくる名刺入れ、それが『絹の名刺入れ』。
表地、裏地ともに全て帯地です。

世間に革やアルミなどの名刺入れは多くありますが、西陣の名前が生まれてからでも約550年。
受け継がれた歴史が詰まる、名刺入れとなっております。

また、素材である絹は繊維の中でも風合いや発色に優れ、それを織物、帯として丁寧に織り上げています。
そのため、手触り・質感が素晴らしく、所有する嬉しさに溢れています。

※柔らかな帯地、絹の質感を活かすために、固い芯や表面を樹脂加工することなく仕上げています。

 

意匠は唐長文様の南蛮七宝
この名刺入れの意匠には、唐長文様『南蛮七宝』を意匠に制作。
織りには二重織。非常に経糸が多く、緻密な織が特徴。
質感はしっとり、風合いの良さがダイレクトに伝わってくる織物です。

文様の『南蛮七宝』は、名前にもあるように、七宝つなぎの一つ。
人と人を繋いでくれる縁起の良い意味を持つデザインです。

 

大切なご縁のために
お客様にお渡しする名刺、またお客様から受け取る名刺を大切に入れておくために、
相応しい素敵な名刺入れに仕上がりました。

※仙福屋がつくる『絹の名刺入れ』は、表裏とも帯地を使用しております。
※ギフトとしても、大変お喜び頂いております。

 

 

縦×横 約7cm×11cm
重さ 約16g
ポケットの数 2つ
素材 表裏ともに、絹織物(西陣織/金銀糸除く)
制作 日本製
発送 営業日1~2日以内