商品情報にスキップ
1 6
obiage-87

【南蛮七宝の袷帯揚げ】薄地三色

【南蛮七宝の袷帯揚げ】薄地三色

通常価格 ¥39,600
通常価格 セール価格 ¥39,600
セール 売り切れ
税込み。 配送料は無料です。配送ついてのご案内はこちら

ギフトラッピングをご希望の方はこちら
売り切れの際はこちらからお問い合わせください 詳細を表示する

となみ織物×唐長
寛永元年(1624)から、ただ一軒受け継がれてきた唐紙の老舗『唐長』。30数年にわたり、となみ織物はその文様を帯地として製織してきました。
この帯揚げは、これまで培ってきた、技術や色を活かしながら、となみ織物/仙福屋が制作をしております。


制作について
着物も帯揚げも現在では、現在インクジェットで印刷物の様に製作されることが多くなっています。
仙福屋では、できる限り技術を残そうと、職人が型を置き、一色ずつ刷毛で染料を入れることで、丁寧に制作にこだわっております。
色の奥行きや文様の歴史をお客様のコーディネートに加えることができる、本当に特別な『南蛮七宝の帯揚げ』です。


帯揚げとして・・・
この帯揚げをつくるにあたり白生地は、この南蛮七宝のために製織した独自のモノを使用しています。
素直な色を表現するために、できる限り光が入り易くなる生地で、しかもペラペラにはならない手持ち感のある生地を採用。
コーディネートの際に、帯着物の色や柄に負けないモノづくりを心がけています。


今では少なくなった製作方法
染色は現在多くなってしまったインクジェットでの染めではなく、
昔ながらの技法で制作。職人が型を置き、刷毛で一色ずつ染料を入れ、一枚一枚丁寧に制作しています。
そして配色は、となみ織物の中間色を組み合わせています。

ただ単に生地の上に染料が乗っているだけではなく、職人の手でつくり出された味が感じられます。
仕上がりは色の広がりと奥行きが伝わってくる、そんな特別な帯揚げです。


サイズ 約175cm×29cm
重さ 約52g
素材
制作 日本製
発送 営業日1-2日以内

京都・西陣 仙福屋宗介のショールームのご案内

ネットショッピングでの一番の不安はサイズ感や素材感がわかりづらいこと。
仙福屋宗介では、商品を直接手にとってご覧いただけるショールーム(予約制)がございます。

詳細はこちら