商品情報にスキップ
1 4
pouch-ga-23

Online限定【CandyCircusの絹のがま口】アネモネノクモ/しぼ織(黄色)

Online限定【CandyCircusの絹のがま口】アネモネノクモ/しぼ織(黄色)

通常価格 ¥5,500
通常価格 セール価格 ¥5,500
セール 売り切れ
税込み。 配送料は無料です。配送ついてのご案内はこちら
スタイル

ギフトラッピングをご希望の方はこちら
売り切れの際はこちらからお問い合わせください 詳細を表示する

仙福屋のがま口

京都西陣の織元となみ織物が製織する帯地を使った、『仙福屋の絹がま口』です。

全て日本国内で裁断、縫製をしている華があり、大変美しい『絹のがま口』です。

また、使いやすさを考えて、口が180度開くよう、少し手間を掛けて縫製しています。
見た目、機能とともに、帯地ならではのシルクの風合いをお楽しみ頂けます。

※同じ帯地のお太鼓を中心に柄を裁断・制作していますが、取り方により柄の出方が変わります。
ご了承のほど、お願い致します。


CandyCircusの世界

帯地の意匠は、となみ織物と舟田潤子氏とのコラボレーションで制作する『CandyCircus』から。

『サーカス』をテーマとして、作品を制作されている京都生まれの銅版画家 舟田潤子氏。

その舟田氏の作品づくりは、

『朝起きたときに自分の作品を見ると、その一日が楽しくウキウキ幸せに過ごせるように。』

そんな気持ち、祈りの元に行っておられます。

現在の活動は、作品だけでなく、作品を元にしたグッズの製作や、ホテルのアートディレクションなども手掛けておられます。

京都を拠点に大阪、東京などで毎年個展を開催されています。


縦×横×マチ(口金含まず) 約4cm×9cm×5cm
重さ 約26g前後
素材 表地:帯地(絹 金銀糸除く)、口金
制作 日本製
発送 営業日1~2日以内

京都・西陣 仙福屋宗介のショールームのご案内

ネットショッピングでの一番の不安はサイズ感や素材感がわかりづらいこと。
仙福屋宗介では、商品を直接手にとってご覧いただけるショールーム(予約制)がございます。

詳細はこちら