商品情報にスキップ
1 3
sukiya-23

南蛮七宝の数寄屋袋(全四色)

南蛮七宝の数寄屋袋(全四色)

通常価格 ¥19,800
通常価格 セール価格 ¥19,800
セール 売り切れ
税込み。 配送料は無料です。配送ついてのご案内はこちら

ギフトラッピングをご希望の方はこちら
売り切れの際はこちらからお問い合わせください 詳細を表示する

数寄屋袋とは

数寄屋袋は懐紙入れより一回り大きなサイズの袋物です。

懐紙入れのように「袱紗・扇子・懐紙・菓子切」を入れたり、替えの足袋を入れることができます。

小物入れとしてもお使いいただけます。
 

 

使用する素材について

仙福屋の数寄屋袋で制作する素材は、京都西陣の織元となみ織物の織る帯地、『紹巴織』。

経糸を覆い隠すほどの横糸で緻密に織り上げることで、豊かな表現、絹独特の光沢や風合いを持った帯地です。

南蛮七宝の数寄屋袋
となみ織物×唐長
寛永元年(1624)から現在まで。ただ一軒受け継がれてきた唐紙の老舗『唐長』。
その唐長に先祖代々伝わる「南蛮七宝」文様の帯地で、数寄屋袋を制作致しました。

文様を構成する2つの色の配し方によって、または人によって星や丸に見えることも、
花柄に見えることもあり、デザインととしても大変面白みがあります。

また『七宝つなぎ』の様な連続文様でもあることから、人と人の縁を繋ぐ意味や永遠性を持ち、
吉祥文としても大変すぐれている柄です。

縦×横 約14.7cm×19.5cm
重さ 約48g
カラー

1.茶濃淡

2.白ブルー

3.グリーン濃淡

4.墨濃淡

TPO 通年,お茶席、パーティー、街着など
素材
制作 日本製
発送 営業日1~2日以内