南蛮七宝文様の有線ビロード・輪奈

南蛮七宝文様の有線ビロード・輪奈

着物の生地としては本当に少なくなりました。
業界全体としてなんでも減少していますが、このビロードはその中でも、なかなか見ることができません。

写真をよく見てもらうと分かりますが、地は南蛮七宝文様をジャガード織で表現しています。柄を型で置き染めたわけではなく織物です。

ビロードを制作時には、絹糸と芯素材を通し製織、芯を通したまま経糸をカットすると、その部分が濃く見える。この辺りは文字では難しいので、またいずれ動画にでもしたいと思います。

写真では切らずに芯を抜いた状態のものを染めました。

ちなみに、写真は男物の羽織(肩でついでいます)。女性物は注文も頂きますので、その時はコートで制作。今回は今までおそらく制作依頼を頂いたことのない、男物羽織です。

やはりこういったものは、仕立てて見た方が良さ・凄さが伝わると思いますので、もう少しショールームに掛けて反応を見たいと思います。

ブログに戻る

コメントを残す